キトサンってなにもの?|抗がん剤の副作用をカニの殻が軽減!?大人気のサプリメント

キトサンってなにもの?

健康的な老夫婦

ここでは、「キトサン」という成分について説明していきたいと思います。
キトサンはカニの殻の主成分から得られる「キチン」というものを化学処理し、不要なものを取り除いてできた動物性の不溶性食物繊維になります。
不溶性食物繊維、というのは腸内を溶けることなく水分を吸収しながらその体積を増すことで、排泄を促す効果があるのです。
そして、このキトサンはただ排泄を促すだけでなく、菌や脂肪、糖分などを不要物を一緒に排出してくれるのです。
体内の不要物、ということでがん細胞にも付着して排出してくれるので、がん細胞の増殖を防ぐ効果があります。
不要物が少なくなった体内は、抗がん剤に対抗する免疫力を手に入れます。
よって、副作用を軽減することに繋がるのです。
簡単に言えば、キトサンが体のいらないものを外に出してくれるから体が元気になって強い薬にも対抗できる、ということです。
もちろん、このキトサンを摂取しようとカニの殻をバリバリ食べるのも多少なりとも効果はあると思いますが、さすがにそれは出来ないですよね。
美味しくもないでしょうし、破片が口の中や喉を痛めてしまっては元も子もありません。
そこで簡単に摂取できるのがサプリメントなのです。
サプリメントは水と一緒に錠剤を数粒飲むだけでいいのです。
薬ではないので、食前食後などのタイミングを気にする必要もありません。
飲み忘れた!というようなことにもならないので、毎日きちんと飲めるでしょう。